文字サイズ

U22日本、大金星ならず サッカー王国ブラジルにPK戦で敗れ初優勝逃す

 日本-ブラジル 前半、同点ゴールを決め喜ぶ小川航(中央)=サロンドプロバンス(共同)
 ブラジル戦に臨む日本イレブン=サロンドプロバンス(共同)
2枚2枚

 「トゥーロン国際大会・決勝、日本1(4PK5)1ブラジル」(15日、サロンドプロバンス)

 決勝が行われ、東京五輪世代のU-22代表で臨んでいる日本が初優勝を懸けてサッカー王国・ブラジルと対戦。日本は先制されながら、前半39分にFW小川航基(磐田)のゴールで追いついたが、1-1からのPK戦で4-5で敗れて大金星はならなかった。

 横内監督代行は「選手は力を出しきってくれた。PKで負けて悔しいが、選手をたたえたい。ブラジル相手で自分たちの時間が短いと思っていたが、リードされた後もよく我慢してくれた。後半はチャンスも作れたが、最後は行かしてくれなかった」と振り返った。

 相手の圧力に押された日本は、前半19分。一瞬のすきをつかれて、味方のスルーパスに、最終ラインの裏に飛び出したアントニーに左足でゴール右隅に流し込まれてブラジルに先制点を献上した。

 その後もブラジルに一方的に攻め込まれた。シュートチャンスもほとんど作れなかったが、前半39分、相手のクリアミスをFW小川航が逃さず、ボレーシュートで豪快にゴール右にたたき込んだ。

 それまでシュート1本に抑えられていた日本がワンチャンスをモノにして、息を吹き返した。

 後半になると、日本も徐々にペースをつかみ、相手ゴールに迫ったが、得点を挙げることはできなかった。

 PK戦では両チームが4人連続して決めたが、ブラジルの5人目が決めたのに対して、日本の5人目のFW旗手(順天堂大)がGKに阻まれた。

 日本はイングランド、チリ、ポルトガルと対戦した1次リーグA組を2勝1敗の1位で突破。準決勝ではメキシコに2度のリードを許しながらも追いつく粘りをみせ、PK戦の末に勝利。

 南米選手権に出場するため17歳の久保ら東京五輪の中核メンバーを欠きながら、快進撃を続け、決勝ではサッカー王国をあと一歩まで追い詰めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス