文字サイズ

神戸が連敗…イニエスタ2アシストも、後半3失点で広島に逆転負け

 広島に勝ち越しゴールを許す神戸DF陣=ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西幸大)
 前半、攻め込む神戸・ポドルスキ。左は広島・野津田=ノエスタ
2枚2枚

 「明治安田生命J1、神戸2-4広島」(14日、ノエビアスタジアム神戸)

 神戸がMFイニエスタがFKから2アシストを決めるなどし、前半を2-1で終えたが、後半に3失点して逆転負け。手痛い連敗となった。

 元スペイン代表FWビジャが今季初の欠場となった試合。前半15分、敵陣左サイドでFKを獲得した神戸はイニエスタがセット。ゴール方向へのボールにウェリントンがヘディングをたたきこんだ。

 DFラインでボールを柏に奪われ、パトリックに同点ゴールを決められたものの、同28分には、敵陣右サイドでのFKで、イニエスタが素早いリスタートから古橋にスルーパス。着実に流し込んで勝ち越した。

 しかし、後半。守備が乱れた。20分にゴール前の混戦から柏に入れられると、同25分、28分と渡に連続ゴールを許した。

 神戸は3月30日のG大阪戦は4-3で勝利したものの、3失点。敗れた前節松本戦は2失点。そして今節は4失点と、失点が増えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス