文字サイズ

日本代表MF堂安律が帰国「もう一度ファンを引き込むために勝たないといけない」

 国際親善試合コロンビア戦(22日、日産ス)、同ボリビア戦(26日、ノエスタ)に臨むサッカー日本代表のMF堂安律(20)=フローニンゲン=が19日、チームに合流するため羽田空港着の航空機で帰国した。

 1月のアジア杯から13人が入れ替わり「新しく初めてやる選手もいますし、楽しむ気持ちでいます」。G大阪時代の先輩でもあるMF宇佐美(デュッセルドルフ)の名前を挙げ「ガンバのころからずっと追いかけていた存在の選手なので、一緒にピッチでプレーできるのは本当に楽しみにしています」と再会を待望した。

 親善試合2試合に向けては「アジア杯が終わってから1発目の試合。やっぱり悔しい結果に終わってしまったので、もう1度サッカーファンの方を引き込むためにも勝たなくちゃいけない」と表情を引き締めた。

 また、MF柴崎岳(26)=ヘタフェ、南野拓実(24)=ザルツブルク、鎌田大地(22)、DF冨安健洋(20)=ともにシントトロイデン=も帰国した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス