文字サイズ

マンU劇勝で5季ぶり8強 後半ロスタイム敵地で大逆転!

 「欧州CL・決勝T1回戦第2戦、パリSG1-3マンU」(6日、パリ)

 11季ぶり4度目の優勝を狙うマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が5季ぶりに8強入りした。敵地でパリ・サンジェルマン(フランス)を3-1で破って2戦合計3-3で並び、アウェーゴール数で上回った。ルカクが2得点し、試合終了間際にラッシュフォードがPKを決めた。ポルト(ポルトガル)は本拠地で昨季4強のローマ(イタリア)を延長の末に退け、4季ぶりに準々決勝へ進んだ。

 第1戦で0-2と完敗したマンチェスター・ユナイテッドは前半に相手ミスから2点を奪い、後半ロスタイムにラッシュフォードがPKを決めて8強入り。敵地での土壇場の逆転劇に、スールシャール監督は「われわれはずっと信じていた」と興奮気味に話した。

 2戦合計2-3で敗退濃厚の終了間際にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が味方した。ダロトのシュートが相手に当たって外れると一度はCKと判定されたが、主審がVARで確認してPKに覆った。

 公式戦で3試合連続2ゴールと絶好調のルカクは「チームの精神力が違いを生んだ。最後まで諦めない姿勢を見せられた」と胸を張った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス