文字サイズ

J2愛媛 間瀬監督を解任 後任の川井健太新監督「現状を打破したい」

 J2愛媛が15日、間瀬秀一監督(44)を解任し、後任として愛媛FC・U-18監督の川井健太氏(36)がトップチーム監督に就任すると発表した。同日午後に新監督就任会見が行われ、川井氏は「クラブ出身者として、愛媛県出身者として、このクラブを救いたいと思い、引き受ける決断をした。最後まで粘り強く戦うのが愛媛FCの良さ。サポーターのみなさんに満足してもらえるようなサッカーをして、現状を打破したい」と意気込みを語った。

 愛媛は今季ここまで14試合を終えて2勝4分け8敗、勝ち点10で22チーム中20位に低迷していた。会見に同席した村上忠社長は「シーズン3分の1を終えて勝ち点10。このままなら年間の勝ち点は30で、それではJ2に残留できない。苦渋の決断だが、今が決断すべきタイミングだと考えた」と監督交代の理由を語った。

 前監督の間瀬氏は現役時代にメキシコやグアテマラ、クロアチアなど海外クラブを渡り歩き、引退後の03年から千葉でイビチャ・オシム監督(当時)の通訳を務めた異色の経歴を持つ。2017年に愛媛の監督に就任し、1年目の昨季は15位だった。

 後任の川井氏は愛媛県宇和島市出身で、04年から06年まで愛媛FCでプレー。引退後は指導者の道に進み、15~17年は愛媛FCレディース監督、今季から愛媛FC・U-18監督を務めていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス