文字サイズ

サッカーW杯でビデオ判定 「VAR」導入、史上初

 【ボゴタ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、コロンビアのボゴタで理事会を開き、6月14日に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会で「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」と呼ばれるビデオ判定をW杯史上初めて導入することを決めた。試合結果を左右する重大な誤審の防止が目的。

 VARの対象は「得点」「PK」「一発退場」「(退場、警告などの)人定」の4項目。FIFAのインファンティノ会長は「主審の判定を手助けできる。より公平で透明なスポーツになる。とても重要で歴史的な決定だ」と意義を強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス