文字サイズ

柏 後半3点奪われ逆転負け ベテラン李東国に2発決められる

 柏-全北 後半、3点目のゴールを許した柏イレブン=全州(共同)
 柏-全北 前半、ゴールを決め喜ぶ柏・ハモンロペス(右)=全州(共同)
 柏-全北 前半、2点目のゴールを決めた柏・江坂(右)=全州(共同)
3枚3枚

 「アジアCL・1次リーグ、全北現代3-2柏」(13日、全北)

 プレーオフを勝ち抜いて本戦出場を決めた柏がアウェーの全州ワールドカップスタジアムでのE組初戦に臨み、全北現代(韓国)に後半に3点を奪われて逆転負けした。

 柏は1月30日に行われたプレーオフ・ムアントン(タイ)戦からスタメン1人を変更。福岡から新加入したDF亀川を抜てきした。韓国王者を相手にしたアウェーでの戦いながら積極的に攻める柏は前半10分、MF大谷から縦パスにFWハモンロペスが抜け出し、飛び出したGKの動きを見て左足で先制シュートを決めた。27分にはハモンロペスのシュートのこぼれ球を大宮から加入のMF江坂が押し込んだ。

 完全に柏のペースかと思われたが、全北は後半開始からベテランFW李東国を投入。これが流れを変えた。後半10分にCKから李東国がヘッドで決めると、30分にFKからのこぼれ球をDF金珍洙が押し込み同点とする。

 そして後半40分、エリア内で李東国にボールを持たれると、テクニカルな右足シュートを決められた。まさかの逆転負けで黒星スタートとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス