文字サイズ

G大阪、今季初実戦ドローも…クルピ新体制は「楽しい」

3ボランチの一角でプレーした初瀬亮
1枚拡大

 「練習試合、G大阪0-0京都」(5日、沖縄・南城市陸上競技場)

 G大阪が今季初の対外試合を行い、主力組が出場した1試合目(35分×2本)は引き分けに終わった。今季から指揮を執るレビー・クルピ監督(64)は4-3-2-1の“クリスマスツリー型”新布陣を採用。3ボランチには中央の今野泰幸を挟んで、左にサイドバックが本職の初瀬亮、右に浦和から完全移籍で加入した矢島慎也を配置し、2シャドーの左には遠藤保仁を置くなど新たな試みを見せた。

 2020年東京五輪世代で昨年12月の東アジアE-1選手権で日本代表にも初招集された初瀬は、不慣れなポジションも無難にこなし「ゲームを作ることはできた。より攻撃的に得点に絡んでいければ」と手応えを口にした。

 2シャドーの右に入った倉田秋は矢島と息の合った連携を何度も披露。「(矢島とは)メッチャやりやすい。感覚が合うし、久しぶりに楽しかった。去年の最後の方にはなかった、人が湧いて出てくるような攻撃ができそう」と上機嫌に振り返った。

 38歳を迎えた遠藤もペナルティーエリア内に侵入してヘディングシュートを放つなど精力的に攻撃に絡み、「初めての試合でコンディションは上がり切っていないが楽しくできた」と話すなど、主力選手が口々に「楽しい」という言葉を発した。

 今季初実戦とあって攻撃に関しては自由を与えたクルピ監督は「もっともっとできる。どういう組み合わせがいいのか、完成度を高めるには時間が掛かる。勝者と呼べるグループを築き上げるのは簡単ではないが、可能性はある」と冷静に振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス