文字サイズ

鹿島、幻の“優勝ゴール” ファウルの判定で得点ならず ドローで無念のV逸

前半、ヘディングシュートでゴールを割るも、他のファールのため認められず頭を抱える鹿島・植田(撮影・三好信也)
磐田に痛恨の引き分けで優勝を逃しガックリの鹿島イレブン=ヤマハスタジアム(撮影・三好信也)
磐田に痛恨の引き分けで優勝を逃しガックリの鹿島(右から)曽ヶ端準、金崎夢生、泣き崩れる昌子源、伊東幸敏=ヤマハスタジアム(撮影・三好信也)
3枚3枚

 「明治安田生命J1、磐田0-0鹿島」(2日、ヤマハスタジアム)

 リーグ戦連覇、そして国内タイトル20冠に王手をかけてから、鹿島は2試合連続で0-0の引き分け。川崎に逆転優勝を許す結果となった。

 シーズン途中に就任する難しい立場でチームを率いた大岩剛監督は「彼らを勝たせることができなかった。私の経験不足を痛感しています」と責任を口にした。

 不可解な判定にも泣いた。前半44分、MF遠藤のCKをDF植田が頭で合わせてゴールに突き刺したが、ファウルの判定で得点にならなかった。

 試合後、「何のファウルか分からなかった」とぶ然として振り返る昌子は「審判に誰がファウル?と聞いたら、『昌子か植田のどっちか』って言われましたよ」とグラウンド上でのやりとりを明かした。

 幻の“優勝ゴール”に後味の悪さを残した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス