文字サイズ

GKブフォン涙の予選敗退…代表引退を明言「こんな形で終わるのは残念」

 プレーオフに敗れてW杯出場を逃し、涙を見せるイタリアのGKブフォン(手前)(ゲッティ=共同)
1枚拡大

 「W杯欧州予選・プレーオフ第2戦、イタリア0-0スウェーデン」(13日、ミラノ)

 サッカーW杯ロシア大会の欧州予選プレーオフ第2戦が13日(日本時間14日)、ミラノのサン・シーロ・スタジアムで行われ、14大会連続出場中だったイタリアは、ホームでのスウェーデンとの第2戦を0-0で終え、予選敗退が決まった。イタリアが本大会出場を逃すのは1958年スウェーデン大会以来60年ぶり。イタリアはアウェーでの初戦を0-1で落としていた。

 本大会出場が果たせなかったイタリア代表GKブフォンは試合後、イタリア国営放送RAIの中継で代表からの引退を明言した。ブフォンは「こんな形で終わるのは残念だ。時間が流れて引退を迎えるのは当たり前のこと。私の最後の代表の試合がW杯予選からの敗退となったのが悔しい」と涙をぬぐった。ベントゥラ監督について聞かれると「彼と選手たちとは同じだけの責任がある」とキッパリ。イタリア代表の将来について「ドンナルンマやペリンがいる。イタリアには力がある」と信じている様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス