文字サイズ

海外組ノルマは2、3試合先発出場 ハリル監督が豪州戦代表入り“目安”明言

 日本代表のハリルホジッチ監督
1枚拡大

 サッカーの日本代表スタッフ会議が8日、都内で行われ、W杯アジア最終予選・オーストラリア戦(31日・埼玉)のメンバー招集に関して、故障者続出の海外組については2、3試合先発出場することを目安とすることになった。

 日本協会関係者によると、ハリルホジッチ監督が「コンディション調整の時間がない。欧州組は2、3試合先発で出ることを前提として考えたい」と明言したという。ぶっつけ本番はせず、状態を重視する方針だ。

 故障が伝えられる海外組の中で、FW本田(パチューカ)はランニングを開始し、今週中にトップに合流するという情報を把握。一方でFW大迫(ケルン)については「足首だから厳しい」(同関係者)という見解。海外にスタッフを派遣する予定はなく、代役を擁する場合は国内組を中心に選考する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス