文字サイズ

レアルFWモラタ、ミラン入りへ前進か…マンUとは破談に

 Rマドリードのモラタ
1枚拡大

 サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)にACミラン(イタリア)入りの可能性が出ている。17日のスペインのマルカ紙によると近日中に交渉に入るという。

 記事によると、モラタは出場機会を求めて他チームへ移る姿勢を崩しておらず、Rマドリードからの離脱を希望。これまでも選手の獲得に関心を示していたACミランが現在のところ最有力の新天地候補だという。レアルは売却額を9000万ユーロ(約116億円)、ミランは購入額を7000万ユーロ(約90億2000万円)にそれぞれ設定しているようで、金銭の折り合いがつけられるかどうかが交渉進展のポイントになりそう。

 モラタの移籍については数週間前までマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が獲得に限りなく近づいていたが、クラブ間の金銭交渉で合意に至らず破談になっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス