文字サイズ

湘南・遠藤、既に6クラブと交渉

 6チームの争奪戦となっている遠藤
1枚拡大

 今冬の国内移籍市場で争奪戦となっているU-22(22歳以下)日本代表主将で湘南DF遠藤航(22)が6日、獲得に乗り出している5クラブと既に交渉を行ったことを明かした。

 同代表の中東遠征出発前に取材に応じた遠藤は「プレースタイルが合うか、自分が成長できるクラブ」を第一条件とし、湘南残留も選択肢に残しつつ「遠征中に悩んで、帰ってきてから結論を出したい」と話した。

 今季日本代表にも選出された遠藤には浦和、川崎、鹿島、名古屋、横浜Mからオファーが届いている。神戸は撤退したが、残留を望む湘南を含めた6チームの争奪戦となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス