文字サイズ

監禁記事で名誉毀損 亀田兄弟が勝訴

 ボクシングの亀田兄弟の長男興毅さんと三男和毅さんが、日本ボクシングコミッション職員を脅したとするブログ記事で名誉を傷つけられたとして、フリーライターの男性に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は27日、名誉毀損(きそん)を認め計300万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2013年9月、次男大毅さんの世界タイトル戦をめぐり、興毅さんと和毅さんが記者会見場から報道陣を退出させ、職員を監禁し脅したとする記事を載せた。

 中吉徹郎裁判長は、監禁やどう喝はなかったとし「兄弟側に取材しておらず、裏付けが不十分だ」と述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス