文字サイズ

井上尚弥、ドーム大会は否定的?「遠すぎて見えないのでは」天心VS武尊戦に刺激も

 質問に真剣に考える井上尚弥(撮影・園田高夫)
笑顔で質問に答える井上尚弥=日本外国特派員協会(撮影・園田高夫)
 会見前にポーズを決める井上尚弥(撮影・園田高夫)
3枚

 ボクシングのWBA・WBC・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(29)=大橋=が27日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で会見した。19日に東京ドームで行われたキックボクシングRISE王者・那須川天心とK-1王者・武尊による夢の頂上決戦についての質問に対し「日本人として、日本人最強の2人が戦った試合は自分ももちろん見たし、刺激を受けることもありました」と言及した。

 また、自身もドームクラスの会場でビッグマッチをやりたいかと聞かれると、「この間の東京ドームの試合も拝見したが、あまりにも(リングから)遠すぎて、(観客が)試合が見えない状況に陥るのではないかと思って。(自身の試合は)広くても、さいたまスーパーアリーナくらい(の規模)がちょうどいいのではないかと思います」と率直な思いを明かし、笑いを誘った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス