文字サイズ

皇治がシバター騒動に初言及「リングに上がる資格ない」DMで連絡も「ブタゴリラは出禁」

 人気格闘家の皇治が11日、YouTube「皇治チャンネル」を更新。大みそか「RIZIN」での八百長疑惑騒動について、初言及した。

 シバター対久保戦で試合前にLINEや電話でやり取りしていたことが問題視されたことを受け、皇治は「ブタゴリラやらかしたな」と失笑。「エンターテインメントで盛り上げて、数字とっていいけど、リングに嘘を持ってたのは大きな間違い。もうリングに上がる資格はないんじゃない」と切り捨てた。

 シバターとは大みそかでの対戦が浮上したが、直前で消滅。舌戦を繰り広げていた間柄だ。一方で、皇治は久保戦に勝利したシバターに対し、「俺は素直にブタゴリラに『お前、やるやん』て言った。八百長疑惑が上がる前に」という。

 ただ、やり取りを聞いて思いも一変。「きょうもDMきとったから。あいつ、嫌味ばっかり言うてくんねん。『きょうも俺の話題で持ちきりですわ。皇治さんの話はもう誰もしないですね』って」。あきれ気味に笑うしかない様子で、「このミートバー(MEAT BAR TEAM ONE)にも来たい、と言うから『ブタゴリラは出禁やって』」と伝えたことも明かした。

 自身は大みそかでYA-MANと激しい打ち合いの末に判定敗け。金的、バッティングで批判を受けたことにも触れ、「言われてもしゃーない。毎回やっとんねん。実力不足で、何一つわざとじゃない。直さなあかん」と反省。今後についても、「今は冬眠中で新しいこと考えていて、それはまた発表したい。ここで辞めたって逃げたって言うやつはいるだろうし、続けたってもういいやろって言うだろうし。ボクシングに転向したらそれはそれで賛否両論あるからさ。賛否両論を背負ってまた挑戦しようかな」などと語った。

 55分16秒の動画ではファンの質問に回答。今後の格闘技界などについても語っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス