文字サイズ

中国で「反則技被害」の元世界王者・木村翔が謝罪&経緯説明「反則行為は許しがたい事」

 ボクシング元WBO世界フライ級王者・木村翔(33)=花形=が28日、ボクシングルールを逸脱した反則技を受け続けた今月18日の中国・武漢でのスパーリングマッチについて、所属する花形ジムの公式ページで経緯を説明。「一連の出来事に関しまして、ファンの方々、ボクシング関係者の方々にご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 木村は炎上系インフルエンサーの玄武(中国)とスパーリングマッチ(国際ボクシングルール)に臨んだが、体格で大きく上回る相手はまともにボクシングを行わず、反則技を連発。最後は木村が体を持ち上げられ、頭からリングにたたきつけられた。

 危険極まりない映像が拡散されると、両国で問題となる。木村は帰国後に経緯を説明するとしていた。木村は帰国して自宅隔離中のため、ジム公式サイトに書面対応。まずはスパーリングに至る経緯を説明した。

 木村は中国のスターであった五輪2大会連覇の鄒市明(ゾウ・シミン=中国)から2017年にWBO世界フライ級王座を奪取したこともあり、中国での知名度が高く、その後も同国で試合を行っている。同国のプロモーターから12月から春先にかけて試合を組んでもらう計画があり、トレーニングに専念するため中国に渡航した。そこで中国マーケットを再開拓するプロモーションとのことで、国際ボクシングルールに基づいた14オンスグローブを使ったスパーリングマッチを提案されたという。

 木村は「厳格なコロナ対策がなされている中国に入国したのは、このスパーリングマッチを行うためではなく、『なんとしても、もう一度世界のベルトを巻く』、そのための渡航でした」と強調した。

 しかし国際ルールから逸脱したスパーリングが繰り広げられた。これについては「今回の玄武選手の反則行為は許しがたい事です。しかし、ゾウシミン戦以降、日本人である私に対して、私のことを知り、そして、応援してくれる中国にいる多くの方々を愛する気持ちは変わりません」と思いをつづった。

 最後に「改めて今回の件でボクシング関係、ファンの皆様など多くの方々にご心配、ご迷惑をおかけした事を心よりお詫び申し上げます」と改めて謝罪した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス