文字サイズ

シバター“逃げた”皇治を痛烈批判「認めてる選手1人もいない」

HIROYAを攻めるシバター(撮影・金田祐二)
HIROYAの強烈なパンチを受けるシバター(撮影・金田祐二)
HIROYAからダウンを奪うシバター(撮影・金田祐二)
3枚

 「RIZIN.26」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 大みそかに初参戦した人気ユーチューバーで格闘家のシバター(35)がまさかの健闘を見せた。元Krush65キロ級王者のHIROYA(トライハードジム)と特別ルールで対戦し、2回引き分けドロー(その後、主催者により2回2分38秒アームバーによる一本勝ちに変更)。対戦相手は「X」として当日まで発表されていなかったが、キックボクサー相手にダウンを奪うなど見せ場をつくり「次はメイウェザーだ!」と怪気炎を上げた。

 シバターはRIZIN参戦が決まった後、皇治(TEAM ONE)が自身との対戦を逃げたと主張しており、大会中の控え室奇襲を予告していた。ただ、この日は真剣に選手モードで好ファイトを披露。腕ひしぎ十字固めで一本勝ちのチャンスをつくるなど見せ場をつくり、「自分らしさは出せた。これをきっかけに毎年大みそかに呼んでいただきたい」と汗をぬぐった。

 ただ、試合後に皇治との因縁について聞かれると、「あ、思い出した!今から(控え室に)行こうかな」と炎上ユーチューバーの顔に変貌。「今日も皇治さんがリングチェックをやっていて、俺が(リングに)上がった瞬間に向こうに行った。絶対に意識して俺から逃げたんですよね」と告白した。

 皇治が対戦を避けたことで自身の試合がフジテレビの生中継枠から漏れたと主張しているが、「生放送に乗れなかったことはいまだに恨んでいる」とシバター。「総合格闘技、キックボクサーで皇治を認めている選手なんて1人もいないから!」とあくまで注目を浴びるための“道具”としてしか見ていないと強調し、「俺も認めてないし、いつかやってやりたい」と因縁マッチをぶち上げた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス