文字サイズ

井上尚弥“走攻守”完璧で渡米!モロニー戦「最高の試合を見せます」

 「ボクシング・WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(31日、ラスベガス)

 米ラスベガスで10月31日(日本時間11月1日)にWBA同級3位・IBF同級4位ジェーソン・モロニーの挑戦を受ける2団体統一王者の井上尚弥(27)が所属する大橋ジムの大橋秀行会長(55)は15日、オンライン上で報道陣の取材に応じ、尚弥の近況を語った。

 尚弥は毎週火、木、土曜日に同門の松本亮、松本圭佑らとスパーリングを重ねている。16日にPCR検査を受け、17日に日本で最後のスパーリングを行い、18日に渡米する予定。今週から本格的な減量に入る。大橋会長は「走攻守すべてそろって完璧。減量はあと4キロ弱ぐらい。海外の試合も3回目で慣れているので、ナーバスになっていない。頼もしい」と仕上がりに太鼓判を押した。

 新型コロナウイルス感染防止のため試合は無観客で行われ、現地では4日前に試合会場内の隔離施設に入るなど移動も制限されるが、大橋会長は「今までと違った緊張感があるけど、そういうことも含めて楽しみに変えていきたい」と前向き。尚弥は本格海外デビューとなるこの試合を「ボクの第2章」と位置づけている。大橋会長は「新たなる伝説のスタート。やっと始まった感じ」と話し、今後のついて「まずはバンタム級の4団体制覇。スーパーバンタム級に上げてまた4団体制覇。いずれフェザー級に上がったりと無限の可能性がある。ラスベガスはそういう場所」と期待した。

 また、尚弥もジムを通じてコメントを発表。「土曜日で日本でのスパーリングを終えますが、日本では納得のいく練習ができました。体重も予定通りに行っているので、この調子でラスベガスに乗り込み、最高の試合を見せます」と意気込みを示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス