文字サイズ

「次はない」矢地祐介また負けた!血染めの大激闘も僅差判定負け

 「RIZIN.24」(27日、さいたまスーパーアリーナ)

 矢地祐介(30)=KRAZY BEE=が大原樹里(29)=KIBAマーシャルアーツクラブ=とMMAルール5分3回戦で対戦し、1-2の判定で敗れた。

 “お祭り男”と呼ばれる矢地は、RIZINをけん引する1人となっていたが、8月の前戦ではホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル)に1回KOの完敗を喫するなど、直近5戦で1勝4敗と低迷。「負けたら次はない」と公言して臨んだ一戦で47戦ものキャリアを持つ大原を迎え撃った。

 1回、矢地は左ミドルキックを多用して攻め込み、ワンツーでぐらつかせ、一度はタックルでテークダウンするも捕らえきれず。逆に大原のパンチ連打からのヒザ蹴りで倒れ込むと、上から猛烈なパンチの雨を浴び、眉間付近から顔が真っ赤に染まるほど大流血したが、終盤には立ち上がって連打を繰り出す粘りを見せた。

 2回は終始スタンディングの展開で矢地はペーを取り戻す。右フック、左ストレートを何度となくヒットさせ、終盤にはワンツーで尻もちをつかせ、棒立ちになった相手に連打を浴びせるなど優位に試合を進めた。

 そして3回、2人は一進一退の激しい打ち合いを展開。終盤、矢地はタックルを決めて上に乗るも、大原は脱出して逆に上になり、またもパンチの雨を浴びせたところで試合終了となり、大原に軍配が上がった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス