文字サイズ

那須川天心 今年初戦は90秒KO 3度ダウン「今日から新たな格闘技のスタート」

 「キックボクシング・RISE」(12日、会場非公表=無観客試合)

 RISE世界フェザー級王者・那須川天心(21)=TARGET/Cygames=が今年初戦となるテレビマッチ(58キロ契約、3分×3回)に臨み、公募で選ばれたシュートボクシングの笠原友希(19)=シーザー=に初回1分30秒KO勝ちで圧勝した。那須川はキックボクシングと総合格闘技を合わせて40連勝となった。

 RISE初のテレビマッチとして無観客試合で行われ、対戦相手は応募してきた選手の中から笠原が選ばれた。那須川は初の年下相手との試合で格の違いを見せつける。開始50秒過ぎ、左ストレートで最初のダウンを奪うと、再開後に右フックで2度倒してKOした。

 新型コロナウイルスの影響で格闘技イベントの中止が続いた中、那須川の再始動を伝えるKO劇となった。「ただいま帰ってきました」とカメラに向かってあいさつした那須川は「今回こうやって応募の中から選ばれた笠原選手と試合をして僕はうれしかった。格闘技はまだまだ盛り上がる。下剋上で僕に挑んでくる彼は格闘家でした」と相手をたたえた。

 無観客試合には「お客さんあっての格闘技と思っていたけれど、試合が始まったらお客さんのことなど考えなかった。新たな格闘技の形ですね」と振り返る。90秒の圧勝を「自粛生活の中でもしっかりやってきたことを見せることができたと思う。今日から新たな格闘技のスタート。これからの那須川天心に注目してください」と呼びかけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス