文字サイズ

田中恒成にKO負けのトロハツが脱帽「速くてパワーもある」

3回、ウラン・トロハツ(左下)からダウンを奪い、ガッツポーズをする田中恒成=大田区総合体育館(撮影・中田匡峻)
3枚

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 王者の田中恒成(24)=畑中=が挑戦者で同級10位ウラン・トロハツ(26)=中国=を3回2分29秒KOで下し、3度目の防衛に成功した。戦績は田中が15勝(9KO)、トロハツが13勝(6KO)4敗1分け。

 KO負けを喫したトロハツは、田中の強さに脱帽だった。「速くてパワーもある。フットワークを使って、フレキシブルに対応しようと思っていたが、できなかった」。序盤に強烈なボディをもらい意識がそこに向いた。「ボディはフェイク。狙いはアゴだった」と、KOシーンを振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス