文字サイズ

内藤、最後の前哨戦でジェイに狂乱の暴行!「負けるわけにはいかないんだよね」

 ジェイ・ホワイト(左)に強烈なエルボーを叩き込む内藤哲也
3枚

 「プロレス・新日本」(21日、後楽園ホール)

 来年1月4日の東京ドーム大会でIWGPインターコンチネンタル(IC)王者ジェイ・ホワイトに挑戦する内藤哲也が最後の前哨戦で勝利した。

 内藤は鷹木信悟と組み、ホワイト、ジェーズ・オーエンズ組と対戦。ホワイトと激しい攻防の一騎打ちを長時間繰り広げる繰り広げ、最後は鷹木がオーエンズをラスト・オブ・ザ・ドラゴンで仕留めた。だが、内藤は試合後も攻撃を緩めず、場外で激しい暴行を加え、イスにふんぞり返りながら見下ろして挑発。さらにストンピングの雨を降らせて去っていった。

 IC王座を奪取し、来年1月5日のIWGPヘビー級王座とのダブルタイトル戦も制して、史上初の2冠同時保持を目指す内藤はバックステージで「オレが2本のベルトにこだわる理由は史上初、歴史に名を刻めるチャンスだからだよ。ホワイトが強敵なのは知ってますよ。でも、ここで負けるわけにはいかないんだよね」と、なりふり構わずホワイトに“先制攻撃”を加えたことを弁明。「ジェイ・ホワイトを倒して1月5日、東京ドーム大会のメインイベントへ。2年前、大合唱しそびれちゃったからね。今度こそ大合唱してみせますよ」と、東京ドームで、率いるユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の名を観衆とともに叫ぶパフォーマンスを実現させることへの意欲を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス