文字サイズ

野杁正明「みんなが引くぐらいのKO劇を」 12・28K-1名古屋で支配者と激突

 「K-1・K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」(28日、愛知・ドルフィンズアリーナ)

 スーパーファイトウエルター級3分3回戦で初来日の“ザ・ドミネーター(支配者)”ハッサン・トイ(25=トルコ)と激突する元K-1 WORLD GPスーパーライト級王者・野杁正明(26)が10日、K-1ジム相模大野KRESTで公開練習を行った。

 3月にジョーダン・ピケオーに敗れ、8月にサミ・ラミリを破った野杁は今回が移籍3戦目で「KRESTでは本当に伸び伸びやらせてもらってるんで、充実した練習環境」と好調をアピールした。

 ハッサンは旧K-1で主力として活躍した佐藤嘉洋・名古屋大会特別実行委員が「間違いなく世界レベル。野杁とピケオーを混ぜたようなファイトスタイルで、伸びのある打撃に加えて接近戦での膝蹴りもうまい」と絶賛する強豪。

 野杁は「どちらが自分の戦い方を貫けるかが勝負の鍵」とし、ハッサンにKO負けがないことには「そういう相手だからこそ倒さないと意味がない。判定で勝ったところで強さの証明はできない」、「みんなが引くぐらいのKO劇を見せて存在をアピールしたい」とKO宣言。「攻略するポイントも分かってますし、穴も見つけた」と自信を漂わせた。

 また、「さらに見せ場を作るためにも新たな姿を見せることが僕の中のテーマ。ずっと同じスタイルの選手じゃ見ていて面白くないんで、進化した姿を見せることで驚きだったりを与えたい」と、ニュー野杁正明を見せることも公約していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス