文字サイズ

修斗世界ストロー級王者・猿田が王座返上 「ONE王座返り咲きを第一目標」に

 MMAの老舗・修斗の第7代世界ストロー級王者・猿田洋祐(和術慧舟會HEARTS)が、11月30日付けで王座を返上したことが1日、発表された。期限内に防衛戦を行うことが困難になったためで、今後はアジア最大の格闘技団体「ONE Championship」の世界同級王座への返り咲きを目指す。

 猿田は2017年10月に澤田龍人(AACC)との王座決定戦を4回KOで制して戴冠。18年5月には村田一着(NEW GROUND)を1回KOで退けて初防衛に成功した。今年1月にはONE王者ジョシュア・パシオを判定で破り、ONE2戦目でベルトを奪取。今年10月に両国国技館で開催されたONEの100回記念大会「ONE :CENTURY」で行われた修斗vsパンクラス王者対決の大将戦では、キング・オブ・パンクラシストの北方大地をパウンドアウトした。

 猿田は「格闘技を始めてから、修斗のベルトを目標にしてきましたが、自分の腰に巻くまで10年を要しました。ケガで思うように試合ができなかったり、何度かチャンスを頂いてもなかなか自分のものにできず、諦めかけたこともありました。苦労してチャンピオンになった分、このベルトに対する思い入れは誰よりも強いと思っています。また修斗のベルトを巻けたことで全てのことが変わったし、変えられたと思っています。ONE Championship参戦へとつながったのもこのベルトのおかげでした」と、ベルト返上が苦渋の決断だったことを告白。

 「これからはONEChampionship世界ストロー級王座返り咲きを第一目標として活動していきます。来年4月に予定されている日本大会でのタイトルマッチ実現に集中していきます。ベルトは返上しますが、修斗を代表して世界と戦う気持ちに変わりはありません」と、来週のONE王座返り咲きを目指すことを説明している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス