文字サイズ

新日本・オカダ「2冠、大丈夫ですか」飯伏「それ、あなた」IWGP前哨戦で挑発合戦

 飯伏幸太(左)にキックを見舞うオカダ・カズチカ
3枚

 「プロレス・新日本」(29日、後楽園ホール)

 来年1月4日の東京ドーム大会で行われるIWGPヘビー級選手権試合で対戦する王者オカダ・カズチカと挑戦者の飯伏幸太が6人タッグの前哨戦で対戦し、オカダ組が勝利。試合後、2人は挑発合戦を繰り広げた。

 オカダはSHO、YOHと組んで、飯伏、上村優也、辻陽太組を迎え撃つと、最後はYOHがファルコンアローで辻を料理。オカダはマイクを持つと、同王座と同インターコンチネンタル王座の2冠奪取を目標に掲げる飯伏に、「飯伏さん、2冠、その調子で大丈夫ですか。このままだと無冠で終わっちゃうんじゃないですか。1・4東京ドーム、しっかり勝つ気で来てくださいよ」と挑発的に呼びかけた。

 これに反応した飯伏はトップロープからオカダの前に飛び降りて威嚇。その勢いで倒れたオカダに「それ、あなたじゃないですか。どっちが無冠になるか勝負しましょうよ。もう(試合は)決まってるんだから。必ず勝ちますから。今日はさよなら」と反撃し、ファンからやんやの声援が送られながら、さっそうと引き上げていった。

 バックステージに戻ったオカダは「挑発してくれるねえ。びびってねえから、オレ。笑っちゃったぜ」と余裕の笑み。「このベルトへの、2冠なのか知らないけど、思いはあるみたいで安心したよ。ただ、そんな挑発でいいのかい。しっかり蹴ってきても、胸貸すよ」と再度挑発した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス