文字サイズ

オカダ、飯伏に余裕の挑発「ちゃんと勝つ気で来て下さいよ」

 飯伏幸太(右)の持つ挑戦権利証が入ったケースを足蹴にするオカダ・カズチカ
3枚

 「プロレス・新日本」(28日、後楽園ホール)

 IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカが来年1月4日・東京ドーム大会で挑戦する飯伏幸太に今シリーズ初の前哨戦で勝利し、余裕を漂わせながら挑発した。

 オカダはSHO、YOHと組み、飯伏、上村優也、辻陽太組と対戦。飯伏とは時間は短かったが先発でぶつかるなど、本番を意識するかのようにやり合い、最後はSHOが大健闘を見せた上村をパワーブリーカーで葬った。

 試合後、2人は飯伏がリング上に置いた同王座挑戦権利証を挟んでにらみ合いを展開。オカダはそれをかかとで蹴飛ばすと、飯伏は即座にドロップキックを放ち、一触即発ムードを漂わせた。

 バックステージでのオカダは勝利に余裕の笑み。「飯伏さん、ヤングライオン(若手)がパートナーでもちゃんと勝つ気で来てくださいよ。前哨戦はどうでもいいと思っているような、そんな人にこの(同王座の)ベルトを巻く資格はない。しっかりと戦ってくれよ、この野郎」と批判しながら、「もしかして、あれが飯伏さんの実力ですか。そんなことはないでしょう、G1チャンピオン」と挑発した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス