文字サイズ

井上尚弥「効いた瞬間、息子の顔が…」家族の力でドネアのパンチを耐える

笑顔で会見する井上尚弥=大橋ジム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 WBA世界バンタム級スーパー王者・IBF同級王者の井上尚弥(26)=大橋=が階級最強を決めるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)同級トーナメント優勝から一夜明けた8日、横浜市内の所属ジムで会見を開いた。

 あこがれの存在であった世界5階級制覇のレジェンド、ノニト・ドネア(36)=フィリピン=との激闘を制した尚弥は右目上にばんそうこうを施し、左目尻をやや赤く腫らせた顔で登場。「やっとこのトーナメントが終わったなとホッとしているのと、一区切りついたかなという気持ちでいっぱいです。眠いです。一睡もできていないので。眠いですけどアドレナリンが出て眠れない、不思議な感覚」と心境を語った。

 試合ではボクシング人生で初めて右目上のカットするなど、ドネア相手にこれまでにない苦戦を経験。だが、「筋肉痛も来てますし、ちょいちょい打たれて、後頭部とかに痛みがあったり、今までにない体の状態。心地いいですね。やっとボクサーになれたというか、この傷がまたうれしい」と笑顔で話した。

 また、9回にぐらつかされたドネアの右ストレートは「正直、効きましたね」と振り返り、「それを持ちこたえた一つの理由は息子(長男の明波くん)の存在。バチッと効いた瞬間、息子の顔が(頭を)よぎった。そこで持ちこたえられたと思う。それだけ家族の存在がボクシングに与える影響がデカいんだなと改めて感じました」と話した。

 試合後には、弟の拓真(大橋)に井上兄弟初の黒星をつけたWBC世界同級王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との対戦を熱望し、米大手プロモーターのトップランク社との契約合意も発表され、次戦から本場米国に本格進出する。今後について「バンタム級で残っているのは、ウバーリ、(WBO同級王者ゾラニ・)テテ(南アフリカ)ぐらいですかね。そういった選手と試合をしたい」と、自身以外の主要4団体王者に目を向けた。

 バンタム級戦線は、日本でドーピング疑惑、体重超過などの問題を起こしながら元WBC同級王者の山中慎介(帝拳)を2度破ったルイス・ネリ(メキシコ)とWBSS準決勝で尚弥に敗れたエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が23日に対戦して勝者がウバーリに挑戦する。また、ドネアを破った元WBA・WBO世界スーパーバンタム級王者ギジャルモ・リゴンドー(キューバ)のバンタム級転向の話もある。

 だが、ネリは体重超過でJBCから無期限活動停止処分を受けており、リゴンドーも現在は1階級上であることから、「ネリは気を使って言わなかった。リゴンドーは本当に(体重を)落とせるんですかね。現実味がない話なので、さっき現実味のある2選手を挙げました」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス