文字サイズ

村田諒太 12・23バトラーとV1戦「夢をかなえる一歩に」拳四朗も統一選

記者会見の席で挑戦者のスティーブン・バトラー(右)と握手を交わす村田諒太=東京都内のホテル
3枚

 ボクシングの帝拳ジムは16日、都内で会見を開き、12月23日に横浜アリーナで、WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=が同級9位スティーブン・バトラー(24)=カナダ=と初防衛戦、WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(27)=BMB=がIBF同級王者フェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=と7度目の防衛戦を兼ねた2団体王座統一戦を行い、元世界3階級制覇王者でIBF世界フライ級14位の八重樫東(大橋)=36=が同級王者モルティ・ムザラネ(37)=南アフリカ=に挑戦することが発表された。

 会見には日本3選手だけでなく、バトラーも出席。7月にロブ・ブラントから王座を奪回した村田は「ベストを尽くします。この前の試合でいい評判をもらいましたけど、これで満足してるかと言えばそうではなくて、ボクサーとしてもっとやりたいこととか、かなえたい夢があるので、その夢をかなえる一歩にしたい」と意気込み、世界初挑戦のバトラーは「この試合に向けてしっかり準備を整え、戦争を起こすつもりで挑んでいきます。負けるつもりはありません」と闘志を燃やした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス