文字サイズ

辰吉寿以輝 プロ13戦目は初の日本ランカーと対戦「必ず倒して勝ちます」

 元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎(49)の次男で日本スーパーバンタム級14位の辰吉寿以輝(23)=大阪帝拳=が17日、大阪市内の所属ジムで会見し、12月17日にエディオンアリーナ大阪で日本バンタム級5位の中村誠康(27)=TEAM10COUNT=とスーパーバンタム級8回戦を行うと発表した。

 プロ13戦目で初めて日本ランカーに挑む寿以輝は「うれしいです。僕の方がパンチがある。必ず倒して勝ちます」と意気込んだ。

 相手は一階級下のバンタム級を主戦場とするが、勝てば日本タイトルに挑戦可能な12位以内に浮上することが確実。吉井寛会長は「節目の試合になる。結果次第で来年は日本かOPBF(東洋太平洋)かアジア太平洋なのか、タイトルと名の付く試合をしたい」と、悲願のタイトル挑戦を見据えた。寿以輝は階級に対するこだわりについて「全然ないです」と明言。バンタム級も含め「間口を広く」(吉井会長)タイトル挑戦の機会をうかがっていく。

 7月に行われた前回の試合では左拳を痛めていたが、骨に異常はなく、腱の炎症だったという。8月末には治療と予防を兼ねてヒアルロン酸を患部に注射するなど、万全を期して2試合ぶりのKO勝利を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス