文字サイズ

元3階級制覇王者リナレス 4年9カ月ぶりの日本で再起星「まだ世界獲れる」

 「ボクシング・10回戦」(7日、後楽園ホール)

 元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(34)=帝拳、ベネズエラ=が日本では4年9カ月ぶり、後楽園ホールでは12年半ぶりの試合で、フィリピン・スーパーフェザー級5位アル・トヨゴン(21)=フィリピン=に3-0の判定で勝利した。

 今年1月のWBC世界スーパーライト級挑戦者決定戦で1回KO負けしてからの再起戦。4回には左フックでぐらつき、2度のバッティングで両目付近から出血するなど、頭を下げて突進する相手のラフな攻撃に悩まされたが、鋭く精度の高いパンチを上下に打ち分けて圧倒。最大11点の大差をつけた。

 勝利にも消化不良気味の一戦に、試合後は「相手はタフね。頭先に来て危ないよ。ボクは悪いボクシング、あまりよくなかった」と渋い表情。それでも、「全然試合やってなかったから、10ラウンドまで全部スタミナ出たのはよかった」と収穫も口にした。

 前戦では自己最重量で戦って階級の壁を痛感したが、この白星で「まだまだ大丈夫。世界チャンピオン獲れる。チャンスある。スーパーライトは重い。ライト級は平気。(次戦は)年末チャンスあればやりたいね」と、ライト級での世界王者返り咲きに手応えを感じていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス