文字サイズ

田中恒成はデラホーヤ、アルセ、コット級 WBO会長絶賛

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 調印式と前日計量が23日、名古屋市内で行われ、王者の田中恒成(24)=畑中=が、挑戦者の同級1位ジョナサン・ゴンサレス(28)=プエルトリコ=ともリミットの50・8キロで一発クリアした。スピード勝負の展開が予想される中、記者会見で田中は「スピードを生かすための距離感だったり主導権だったりパワーだったり、結局は総合力になる」と分析した。

 また、この日はWBOのフランシスコ・バルカルセル会長が会見に出席した。6階級制覇のオスカー・デラホーヤ、5階級制覇のホルヘ・アルセ、4階級制覇のミゲル・コットらWBOの過去の名王者の名前を次々に挙げ、同団体で3階級を制覇した田中を「彼らに並ぶ選手」と説明。「WBOで3階級を制覇することは誰でもできるものではない。田中選手はこれらの選手と並ぶ質の高い選手」と絶賛した。

 今回、初めて同会長の前で試合をする田中は「名前を挙げてもらった選手はレジェンドばかり。自分はまだまだ」と恐縮しながらも「最高の試合を見せます」と誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス