文字サイズ

オカダが棚橋をレインメーカー葬 G1史上初の米国開幕戦で白星発進

 棚橋弘至を破り、レインメーカーポーズを決めるオカダ・カズチカ(新日本プロレス提供)
1枚拡大

 「プロレス・新日本」(6日、ダラス)

 「G1クライマックス」の開幕戦が史上初めて米国で行われ、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカが前回優勝の棚橋弘至を破って白星発進を決めた。

 新日本2大スターの激突に、会場のアメリカン・エアラインズ・センターに詰めかけた米国のファンは大興奮。両者は激しい攻防を展開し、オカダは棚橋にハイフライフローなどで追い込まれるも意地で耐え抜き、最後は旋回式脳天くい打ちからのレインメーカーで葬った。

 棚橋との対戦成績を6勝5敗3分けとし、英語で「これで最後じゃない。オレたちはまたダラスに帰ってくる」と約束。最後は日本語で「このオレが帰ってくるときは、ここダラスに金の雨が降るぞ!!」と、熱狂の大会を締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス