文字サイズ

井岡に敗れたパリクテ「レフェリーにダメージ与えられた」TKO裁定に不満爆発

 10回、井岡(左)の猛ラッシュに試合を止めるレフェリー(撮影・出月俊成)
 3回、パリクテ(左)にパンチをもらう井岡(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」(19日、幕張メッセ)

 メインイベントのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で、元世界3階級王者で同級2位・井岡一翔(30)=Reason大貴=が、同級1位アストン・パリクテ(28)=フィリピン=に10回1分46秒TKO勝ち。日本初の4階級制覇を達成した。

 井岡に敗れたパリクテはバックステージで泣きながら肩を落とし、控室ではレフェリーのTKO裁定に不満をあらわにした。「ダウンしなかったのに早くストップされた。簡単に止められてしまい、すごく嫌な気持ち。もっと戦いたかった」。パリクテは身長で4センチ、リーチで6センチ上回り、7回には強打でたたみ込む場面もあったが、井岡の高い防御力を崩すことができなかった。逆に動きが落ちた10回に井岡の右ストレートでダメージを与えられ、一気の連打でストップとなってしまった。

 「10回までは内容もあったし、勝っていた」と強調。目の周りを痛々しく腫らしながらも、井岡のパンチについては「(ダメージは)そうでもない」と強がり、陣営のマネジャーは「(井岡ではなく)レフェリーにダメージを与えられた」とジョークを言う始末だった。

 再戦も要望し、マネジャーは「またこの会場で同じレフェリーだとしてもやりたい」と威勢よく言い放った後、「いや、やっぱりレフェリーは替えてください」と修正した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス