文字サイズ

大仁田“いきなり電流爆破”で復帰!7・13新木場で45周年大会

 変形性ヒザ関節症のため、2月22日に両人工ヒザ関節置換術を受け、欠場中の“邪道”大仁田厚(61)が5カ月ぶりの復帰戦で“いきなり電流爆破”を敢行し、自ら復帰祝いをすることになった。

 大仁田は7月13日、東京・新木場1stRINGで「大仁田厚デビュー45周年記念大会」(18時半開始)を開催するが、自身の復帰戦の対戦カードが、大仁田、保坂秀樹、リッキー・フジ組対橋本友彦、怨霊、レザーフェイス組に決定。試合形式は、「ワイルド・セブン追悼~大仁田厚デビュー45周年記念・いきなり電流爆破 ストリートファイトバンクハウス・エニウェア電流爆破バット6人タッグデスマッチとなる。

 自身の真骨頂でもある電流爆破戦に大仁田が臨むのは、昨年10月28日、プロレスリングA-Teamの神奈川・鶴見青果市場大会以来、実に9カ月ぶりのこと。両ヒザの手術から3カ月が経過したが、まだ回復具合は50パーセントほどで、残された2カ月弱の期間で、なんとか万全の状態に近づけたいところ。大仁田は「電流爆破はボクが生んだ代表的な試合形式。初心に返るという意味もある。危険な試合だけど、復帰戦で“いきなり電流爆破”をやるのが、ボクらしくていいんじゃないかな。もう1回、爆破を体験してみたいと思った」と話した。

 また、この一戦はがんのため5日に逝去した愛弟子ワイルド・セブンさんの追悼試合となり、試合前に追悼セレモニーを行い、10カウントゴングを捧げる予定だ。

 なお、セミファイナルでは、「ママと女とオカマと動物大集合マッチ」と銘打ち、ミス・モンゴル、寧々∞D.a.i組対中野たむ、パンディータの一戦が行われる。モンゴルと中野は17年に、「ブスVSカワイイ」抗争を繰り広げたが、モンゴルの妊娠、出産により中断。今回、約2年ぶりに激突するが、この戦いを通じて、遺恨が再燃する可能性もありそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス