文字サイズ

尚弥強すぎる!IBF王者を血だるま!無敗対決2回TKO 決勝はドネアと頂上決戦

 セミファイナルの2回、エマヌエル・ロドリゲスから2度目のダウンを奪った井上尚弥=グラスゴー(提供・共同通信社)
1枚拡大

 「ボクシング・WBSS準決勝、IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(18日、グラスゴー)

 アンビリーバブルな強さだ。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント準決勝が18日、英国グラスゴーで行われ、WBA王者の井上尚弥(26)=大橋=がIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=を圧巻の2回1分19秒TKOで破り、IBF王座を獲得した。2回に3度のダウンを奪う完勝だった。決勝ではWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=と対戦する。

 近代ボクシング発祥の地、英国で“モンスター”尚弥が強烈なインパクトを与えた。2回に3度のダウンを奪い、わずか259秒で危なげない完勝劇。日本から駆けつけた大応援団だけでなく、現地のファンも大きな喝采を送る中、「ロドリゲスにこの勝ち方で決勝に進めたことをうれしく思って、今はホッとしています」と笑みを浮かべた。

 同じ26歳でジュニア五輪金メダルの実績を持つ男との全勝対決。「過去最強」という相手も問題にしなかった。初回は自身が想定していたように技術戦の展開。「グラスゴーの慣れない環境での力みなども多少あった」と、やや硬さが目立ち、ロープ際に追い込まれる場面もあったが、互角で終えた。

 適応の早さがモンスターたるゆえんだ。2回は「予想以上にプレッシャーをかけてきたので勢いづかせないため」と、やや重心を下げてロドリゲスに襲いかかる。

 ワンツーを突き刺して機先を制すと、接近戦でカウンターの左フックを顔面にたたき込んでダウンを奪う。さらに右のボディーを見舞うと、相手は膝を突いて苦しげに首を横に振った。仕上げも強烈な左ボディー。ロドリゲスは鼻血を噴き出しながら立ち上がったものの、苦悶(くもん)の表情で戦意喪失。勝負あった。

 2戦連続1回KO勝ちで今回も当然のように圧勝を期待されたが、それが尚弥をボクシング人生最大のスランプに陥らせた。毎回相手を圧倒するスパーリングが1、2月は絶不調。「ボクシングをやめようと思った」と思うほど落ち込んだ。「やりたいことと体が一致しなかった。みんな次も1ラウンド?と聞くじゃないですか。考えないようにしても頭のどこかにある。それが影響した」という。そこから約1カ月スパーリングを離れ、好調時の映像を見るなど、自分を見つめ直して本来の姿を取り戻した。

 バンタム級転向後、強打は一撃必殺の冴(さ)えを見せている。階級の壁を感じさせないパワーの源は何なのか。前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)は「ヒザのバネをうまく使って全身を連動させている。踏み込まなくても、(体を反らせて)カウンターを打てる。それは教えたらできるものじゃなくて才能」と分析する。この試合で尚弥が最初のダウンを奪った左フックはそれを体現するかのような一撃だった。

 試合後はリング上で決勝の相手ドネアと並び立った。5階級制覇のスーパースターと拳を交えることに「憧れていた選手でもあるので、ファイナルで戦えることは光栄」と目を輝かせた。想像を上回る進化を続けるモンスター。“世界最強”の座は目の前だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス