文字サイズ

村田諒太「リベンジする自信ある」新戦法で因縁の相手・ブラント倒す

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(7月12日、エディオンアリーナ大阪)

 挑戦者の村田諒太(33)=帝拳=が9日、都内の帝拳ジムで王者ロブ・ブラント(28)=米国=との再戦へ向けた練習を行った。昨年10月の自身2度目の防衛戦で判定負けした敗因を反省し、「同じことをしたら負ける」と戦法の修正に手応えを感じ、「リベンジする自信はありますね」と、王座奪回を期待させた。

 判定負けした昨年10月の前回対戦ではブラントのスピードと手数に完敗した村田。「前に行って、ガードの上から打たせて、そのあと打つ。そのボクシング自体が間違っていた」。敗因を胸に刻み込んだ上で、「それをしないということを徹底している」と新たな姿を求めてきた。この日は6回のミット打ちなどを敢行。自然な足の運びで距離を詰め、安定感のある力強い連打を繰り出した。

 練習後の村田は充実の表情。「バランスはいいと思う。自分から仕掛けていけるように、常に打てる体勢を保つのがいいバランス。前回の試合前とは比較にならないぐらいできている。いいものはつかんでいるはずなので、それを崩さないように」と、戦法の修正に手応え十分だった。

 スパーリングもWBC世界スーパーウエルター級9位パトリック・デイ(米国)をパートナーに約20回消化。約2年前から村田を知るデイも「完全に違うファイターになっている。速くなったし、防御も頭の動きもよくなった。今まで見た彼の中でベスト。間違いなく勝つ」と変化に驚いていた。

 過ちは繰り返さない。固まってきた新スタイル。村田は「前の試合と同じことをしたら負けるわけですから、勝つためのボクシングをやっている。今の時点で言ってもしょうがないんですけど、リベンジする自信はありますね」と静かに闘志を燃やした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス