文字サイズ

関根勤プロレスデビュー、G馬場さんに扮してまさかの卍固め!スターダム★アイドルズ

ジャイアント馬場さんに扮して中野たむに卍固めをかける関根勤=東京都江東区の新木場1string
1枚拡大

 「プロレス・スターダム★アイドルズ」(13日、東京・新木場1stRING)

 プロレス、格闘技通で知られるタレントの関根勤(65)が故ジャイアント馬場さんに扮し、スターダム★アイドルズ旗揚げ第2戦でプロレスデビュー。同団体への今後の参戦にも意欲を見せた。

 プロレスとアイドルを融合させた新感覚のエンターテインメントイベントを目指す同団体のリングに、関根が足を踏み入れた。関根は故馬場さんのモノマネで登場し、KENSO、吉江豊とトリオを結成。セコンドにはKENSOの夫人で、かつて日本人初のWWEディーバとして活躍した鈴木浩子・船橋市議を帯同。同団体のGM・中野たむ、アイドルズの新人10人(体調不良等のため5人欠場)withプパンダ(ラッキィ池田)と対戦した。

 関根は水平チョップ、16文キックなど、故馬場さんの得意技を繰り出して、アイドルズを圧倒。最後はなぜか、故馬場さんのライバルだったアントニオ猪木氏の必殺技・卍固めで中野からギブアップを奪い、デビュー戦を白星で飾った。試合後には、アイドルズのデビュー曲「Like a FIRE!!」にのって、メンバーともに踊って、勇躍リングを後にした。

 バックステージで中野とともに会見に臨んだ関根は「このイベントの素晴らしさがわかりました。かわいいアイドルの子が女子プロレスを目指してるって、いいですね。楽しかった。天国の馬場さんのスケジュールが合えば、また出たい」と継続参戦を口にした。

 旗揚げ第3戦(2月11日、新木場1stRING)には同団体のプロデューサーである大仁田厚の参戦が決まったが、近い将来、関根との“夢の共演”が実現するかもしれない。

 また、興行を総括した中野は「今日は旗揚げ戦とは違った雰囲気で、まだまだ新木場は埋まらない。もっともっと稽古して、プロレスも強くなって、歌やダンスもうまくなっていけば、ファンを獲得できる。切磋琢磨して、もっとハチャメチャな興行にしていきたい」とコメントした。

 なお、中野はプロレスの試合、パフォーマンス、集客、グッズ売店の売上等で構成される「プロレス・ラブ・ポイント」上位6人を、小日向千、本日は晴天なり(補欠)、みたにあかね、上谷沙弥、住久凛、末吉桃子と発表。中野を加えた、この選抜メンバーが14日のスターダム・後楽園ホール大会のオープニングACTで、デビュー曲を披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス