文字サイズ

現役大学院生ボクサー坂本真宏が大みそかに世界初挑戦 機械物理専攻「感謝を力に」

学生服姿で会見に臨んだ坂本真宏
1枚拡大

 現役大学院生ボクサーでIBF世界フライ級15位の坂本真宏(27)=六島=が5日、大阪市内で会見し、31日にマカオのウインパレスホテルで同級王者モルティ・ムザラネ(36)=南アフリカ=に挑戦すると発表した。坂本は世界初挑戦となる。戦績はムザラネが36勝(24KO)2敗、坂本が13勝(9KO)1敗。

 大阪市立大大学院工学研究科で機械物理系を専攻する坂本は14年12月にプロデビューし、17年12月にWBOアジア太平洋フライ級王座を獲得した。唯一の敗戦は16年11月に元WBO世界フライ級王者の木村翔(30)=青木=に喫したもの。

 自身が通う大阪市立大学で会見に臨んだ坂本は「ようやくここまでたどり着けた。今までの感謝の気持ちを力に変えて、チャンピオンを殴り倒したい」と強い言葉で意気込んだ。

 同日にはWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で井岡一翔(SANKYO)が同級1位ドニー・ニエテス(フィリピン)と日本勢初の4階級制覇を懸けて対戦し、前IBFミニマム級王者の京口紘人(ワタナベ)がWBA世界ライトフライ級スーパー王者ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に挑戦するトリプル世界戦となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス