文字サイズ

元世界王者・小国以載が復活星 4回TKO「恥ずかしながら帰ってまいりました」

 リング上で「恥ずかしながら帰って参りました」とおどける小国以載
1枚拡大

 「ボクシング・8回戦」(1日、後楽園ホール)

 元IBF世界スーパーバンタム級王者で17年9月の王座陥落後に引退を表明した小国以載(30)=角海老宝石=が約1年3カ月ぶりの復帰戦を4回TKO勝ちで飾った。

 インドネシア選手を相手に鋭い左ジャブを中心に主導権を握り、4回に左アッパー、左ボディー、左フックで合計3度のダウンを奪って勝負あり。リング上では「恥ずかしながら帰ってまいりました。来年4月に強い相手とやります。知らんけど。来年ぐらいにまた(世界)挑戦できたらと思っています」とおどけながら今後の展望を語った。

 引退表明後の1月に、以前から痛めて満足にパンチを打てなかった右拳を手術して夏に完治。さらに今年4月に結婚、8月に長男が生まれて復帰を決意した。右拳は「全然痛くなかった」と言うものの、「やっぱり見ちゃう。ワンツー遅いでしょ」と課題も口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス