文字サイズ

井上尚弥 “次も1回KO”の期待に苦笑「宣言はしませんよ!」

WBA世界バンタム級タイトルマッチから一夜明け、試合を振り返る井上尚弥。左は父の真吾トレーナー。右は大橋秀行会長(撮影・堀内翔)
WBA世界バンタム級タイトルマッチから一夜明け試合を振り返る井上尚弥=(撮影・堀内翔)
WBA世界バンタム級タイトルマッチから一夜明け試合を振り返る井上尚弥。左は父の真吾トレーナー、右は大橋秀行会長=(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が8日、横浜市内の大橋ジムで、「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の1回戦を突破して一夜明けての心境を語った。同級世界4位で元同級スーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に1回1分10秒でKO勝ちという結果で世界を震撼させたが、次回も1回KOかと水を向けられると「やめてくださいよ」と苦笑していた。

 井上は今年5月に、バンタム級世界タイトルマッチでジェイミー・マクドネル(英国)に1回1分52秒でKO勝利しており、2試合連続での1回KOを達成した。こうした流れからの質問だったが、井上は「やめてくださいよ。KO宣言はしませんよ!」と苦笑い。「マクドネル戦を超える衝撃をと考えることがあったので。たまたまああいう風になったから良かったですけど。それがまた次もという保証はないです。トップレベルで」とKOには固執しなかった。

 しかし、「次回は完封します」と相手に当てさせないボクシングにはこだわりを見せた。

 1回1分10秒でのKOは日本人による世界戦の最短記録。世界戦7戦連続KO勝利、世界戦通算11試合KO勝利も日本新記録となった。「今回も試合1つ1つに対して、自分のやれることをやったらついてきた記録なので。この先もそういう形で超えていけたらいいですね」と、目の前の試合に専念すると語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス