文字サイズ

井上尚弥、長男・明波くん初披露 トランクスに名前「絶対に負けられない思い」

 パヤノを1回でKOして息子の明波くんとポーズをとる井上尚弥
 パヤノを1回でKOして息子の明波くんを抱く井上尚弥
2枚2枚

 「ボクシング・WBSS1回戦、WBA世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、横浜アリーナ)

 王者・井上尚弥(25)=大橋=が階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の1回戦に臨み、同級4位で元同級スーパー王者のフアンカルロス・パヤノ(34)=ドミニカ共和国=に初回1分10秒KO勝ちした。

 衝撃の初回KOでWBSS初戦を突破した井上は、勝利後のリング上で昨年10月5日に誕生した長男・明波(あきは)くんを抱き上げ「井上明波と申します。息子です」とファンに初披露した。

 今回のトランクスにはベルトラインに初めて「明波」の文字を入れた。「『明成塗装』ではなく、息子の『明波』という文字を入れた。WBSSに懸ける思い。絶対に負けられないという思いもあった。家族の名前を入れて、ケツを引っぱたくという思いでした」とその理由を説明した。

 ちなみに、これまでの16試合でトランクスに記していた「明成塗装」とは父・真吾トレーナーが代表を務める会社である。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス