文字サイズ

“元祖アイドル”井上貴子、華やか30周年!相田翔子と共演、次世代軍に闘魂伝承

記念写真に納まる井上貴子(前列右から3人目)
3枚

 「プロレス・LLPW-X」(2日、東京ドームシティホール)

 “元祖アイドルレスラー”井上貴子(48)がデビュー30周年大会を華やかに飾った。第1試合ではシングルで「1度も勝てなかった」(実際は09年6月に勝利)というアジャ・コングに挑むも完敗。試合以外でも、盟友の井上京子や同い年で同期デビューという友人の歌手・相田翔子らとの歌の共演も披露し、ロックバンド横浜銀蠅の翔、SHOW-YAの寺田恵子、先輩レスラーのブル中野さんら著名人が花束贈呈に駆けつけるなど、華やかなイベントとなった。

 そして、メインイベントでは神取忍、京子、堀田祐美子と4人合計201歳のレジェンドカルテットを結成し、貴子のお気に入りという4人、中森華子、雪妃真矢、安納サオリ、チェリーの“次世代軍”と対決。貫禄の戦いを見せ、最後は自らヒザ爆弾のディスティニーハンマーで中森を仕留めた。

 全試合終了後はリング上で「30年間、私が今こうして立っていられるのも、皆さんとのご縁に恵まれたからだと思っています」とファンに感謝。「最近は悪いこともしていないのに、『30周年、井上貴子(48)』とか出てしまうので、見栄は張りません。これからは戦い方を考えながら現役を続けていこうと思います」と、年齢、ダメージの蓄積を考慮して試合数を減らしながら戦い続けることを宣言した。

 インタビューではアジャ戦を「知っているのに入場曲が流れただけで鳥肌が立ちました。一生勝たなくていい相手だったなという感じです」と振り返りながらも、「またやりたいです」と再戦に意欲。メインで戦った次世代軍には「4人はエンターテイメント性が高いので、実力はまだまだというところはありましたけど、決して悪くはない。井上貴子のかけらをぜひ引き継ぎながら、自分らしさを出して歴史に残るレスラーになってほしい」と、次世代軍にアドバイスを送った。

 最後にプロレスを続ける理由を問われると、「やっぱりプロレスが大好きで、プロレスラーになりたいと思った13歳、14歳のときのモチベーションを、プロに入ってからまだ超えていない。あれを超えたらやめてもいいかな。あの時は、なれなかったら死んじゃおうと思うぐらいだったので、あのテンションを超えたい」と充実感をにじませながら答えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス