文字サイズ

オカダ 棚橋との決戦前に困った!?「武道館は風船禁止」

棚橋弘至(上)にドラゴンスクリューを見舞うオカダ・カズチカ=横浜文化体育館
試合後にテーブルの上で睨み合う棚橋弘至(左)とオカダ・カズチカ=横浜文化体育館
風船を持って入場するオカダ・カズチカ=横浜文化体育館
3枚3枚

 「プロレス・新日本」(8日、横浜文化体育館)

 真夏のシングルリーグ戦「G1クライマックス」優勝決定戦進出をかけてAブロック公式戦最終戦(10日、日本武道館)で棚橋弘至と対戦するオカダ・カズチカが「日本武道館は風船禁止」と、今大会から行っている風船を持って入場するパフォーマンスが封じられることを明かした。

 この日、オカダは外道と組み、デビッド・フィンレーと組んだ棚橋とタッグの前哨戦で激突。オカダは棚橋の得意技ドラゴンスクリューを見舞うなどして攻め込んだが、最後は外道がフィンレーに仕留められた。それでも、試合後は最後は棚橋と場外の放送席のテーブルに並び立ってファンの声援をあおり合うなど、本番を意識した“番外戦”を繰り広げた。

 そして試合後。インタビューブースに現れたオカダは「残念なお知らせが一つだけ」と切り出すと、「棚橋さん、残念ながらあなたは決勝に行けません。てのは残念なお知らせでも何でもない。残念なお知らせはね、日本武道館、風船禁止だって。もう一回言おうか、大事なことだから。にほんぶどうかん?にっぽんぶどうかん?風船禁止だって。どうしたらいいの」と困惑の表情を浮かべた。

 「笑顔」をテーマに今大会に臨んでいるオカダは風船を持って入場している。武道館ではそれが見られないということで、「今のオレから風船を取ったら、何が残りますか?笑顔?違う。強くて、かっこよくて、笑顔で、決勝進出しちゃって。他ないですか、オカダのいいところ。優勝は当たり前として、強くてかっこよくて…」と報道陣に問いかけたが回答は得られず。「ないんかいっ!」と言い残して足早に控室去っていったが、その時の顔には、自信の表れとも取れる笑みが浮かんでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス