文字サイズ

大森将平TKO勝利で1年3カ月ぶりの再起戦飾る 世界再挑戦にも意欲

 1年3カ月ぶりの再起戦をTKO勝利で飾った大森将平(左)
1枚拡大

 「ボクシング・スーパーバンタム級・8回戦」(29日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

 大森将平(ウォズ)がグレッチェン・ロベターニャ(フィリピン)にTKO勝利し1年3カ月ぶりの再起戦を飾った。昨年4月のWBO世界バンタム級王座戦でタパレス(フィリピン)にTKO負けし、右顎を骨折して以来のリング。「試合感覚が違った」と初回に相手の右を側頭部に浴びて腰が崩れかけたが、すぐに立て直して2回に連打をまとめた。

 一階級上げての再スタートに「ようやく一歩を踏み出せた。一戦一戦こなして、来年にもそういう位置にいれれば」と世界再挑戦に意欲を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス