文字サイズ

新日本・ジェリコ 内藤粉砕でIC戴冠!「まだ日本に居続ける」

内藤哲也(左)を机にたたきつけるクリス・ジェリコ
IWGPインターコンチネンタルのベルトで内藤哲也に襲いかかるクリス・ジェリコ=大阪城ホール
クリス・ジェリコに机で襲いかかる内藤哲也=大阪城ホール
3枚3枚

 「プロレス・新日本」(9日、大阪城ホール)

 世界最大のプロレス団体WWEの大物クリス・ジェリコが凄惨マッチを制して内藤哲也からIWGPインターコンチネンタル王座を奪った。

 ジェリコは奇襲から場外で机上脳天くい打ち、机上DDTを放つなど、内藤にコスチュームを脱がせる暇も与えず、ゴングが鳴るまでに数分間の猛攻を加えて圧倒。内藤も右目付近から出血しながらも反撃するが、最後は内藤が必殺のデスティーノを繰り出そうとしたところ、ジェリコがレフェリーを突き飛ばして逃れ、股間攻撃からコードブレイカーで仕留めた。

 ジェリコは試合後も内藤に長時間暴行。たまらず内藤の盟友EVILが駆けつけて救出した。試合後は、左手中指の出血を見せながら「キャリアの中で一番厳しいぐらいの試合になった。内藤は大変優秀なプロレスラーだ」と振り返ったジェリコ。「このベルトがオレのものになったと言うことは、オレはまだ日本に居続ける。誰であれ対戦する覚悟もできている」と新日本継続参戦を宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス