文字サイズ

田口良一 KO指令“拒否” 京口戦放映へ重圧も「注文すごい…」

 ミット打ちで汗を流す田口良一
1枚拡大

 「ボクシング・WBA・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ」(20日、大田区総合体育館)

 王者の田口良一が14日、都内の所属ジムで、練習を公開した。WBA王座は8度目、IBFは初防衛がかかっており、日本人初となる2団体統一王座の防衛戦へ向け好調をアピール。師匠の渡辺均会長と、ジムの先輩で元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏から“KO指令”に困惑しながらも、焦らずマイペースを貫いて勝利することを誓った。

 試合まであと1週間。マスボクシング、ミット打ちなどでキレのいい動きを見せた田口は「落ち着いている。これ以上ない状態」と、仕上がりに手応えを感じていた。

 試合はTBSローカルで生中継される。同日にはIBF世界ミニマム級王者の京口紘人も2度目の防衛戦を行うが、田口戦が早期決着にならなければ、京口の試合は中継の予定がない。渡辺会長は「できれば6回ぐらいに倒してほしい。京口も(テレビに)映るので」と希望。解説を務める内山氏も「オレの仕事を早く終わらせるように」と要求した。

 田口は「注文がすごいですね…」と困惑の表情。それでも「早く倒した方がいいのは分かっているが、自分のペースで。それがいい結果につながる」と強調した。京口戦の中継予定がないことには「チャンピオンなのに悲しいじゃないですか」と同情したが「先に謝っておきます。なるべくがんばるけど」と予防線を張った。

 もちろん、相手のブドラー対策に抜かりはない。左ジャブをカギに挙げ「相手はうるさい感じなので自分もうるさく。出はなをくじく感じで、やりたいことをやらせない」とイメージした。KOか判定か。それは神のみぞ知る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス