文字サイズ

世界ランカー岡田博喜、8回戦で1回KO圧勝も「早すぎました。すみません」

 「ボクシング・8回戦」(7日、後楽園ホール)

 WBOアジアパシフィック・スーパーライト級王者の岡田博喜(28)=角海老宝石=がノンタイトル戦でフィリピンライト級11位のシソ・モラレスに1回2分40秒KOで圧勝した。

 岡田は序盤から素早い左ジャブを次々と突き刺し、パンチもほぼ見切るディフェンスで相手をほんろう。まずはボディーへのワンツーでぐらつかせ、最後は右フックを顔面にたたき込んでダウンを奪いKOを呼んだ。

 快勝にも岡田はリング上のインタビューで「ちょっと早すぎましたね。すみません」と苦笑しながら謝罪。控室でも「どうしよう。こんな試合でチケット売りさばいて」と困惑の表情を浮かべた。

 それでも、世界主要4団体すべてで上位ランク入りし、今後の世界挑戦の期待は膨らむ。今月末にはイタリアで行われるIBFの総会に出席することも明かし、「そういうのもあるのでIBFかWBOかWBAか。WBCは厳しいみたい。どこから話が来てもいいように、練習はします」と世界挑戦へ臨戦態勢にあることを示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス