文字サイズ

高山“門前払い”の日本ボクシング連盟とJOC相手にJSAAに調停申し立て

 ボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、昨年4月にプロを引退、アマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成(34)=名古屋産大=が19日、大阪市内で記者会見。自身のアマ選手登録を不当に拒否し続けているとして、アマ統括団体である日本ボクシング連盟と日本オリンピック委員会(JOC)を相手に、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)に調停を申し立てたと発表した。

 高山の闘いが新たな局面を迎えた。9人からなる弁護団同席で会見に臨んだ高山は、「37歳になる東京五輪が自分にとってラストチャンス。自分の思いを届けられるように話し合いの席を設けていただきたい」と訴えた。

 先月にはアマ選手登録を求める約2万5千人分の署名原本などを日本連盟に持参したが“門前払い”された。その後も連盟側には簡易書留で面会要望の連絡を行ったが、受け取り拒否で返送された。代理人を務める岡筋泰之弁護士は「これまでの対応が誠意を欠くものであり、ガバナンス上非常に問題がある」との考えを示し、上部団体であるJOCも調停の相手方とした理由には、JOC加盟団体規程を根拠に「適切な助言、指導をしてもらいたい」と説明した。

 国際ボクシング連盟(AIBA)が16年6月にプロ選手の五輪出場解禁を決議した臨時総会では日本連盟も賛成票を投じたが、国内では依然としてプロ経験者のアマ選手登録は認められていない。

 岡筋弁護士はAIBA決議との矛盾、全競技でプロ参加を認めている五輪憲章違反、自由競争を阻害することによる独占禁止法上の問題などを指摘。高山がアマ選手登録される権利を有する地位にあることを求めていく。

法的強制力なく連盟側拒否濃厚

 今後は日本連盟の意思確認を待って調停が開始されるが、申し立ての応諾に法的強制力はなく、連盟側は拒否する可能性が濃厚だ。

 「世界最高の選手が集う舞台で思い切り拳を交えたい」という高山の切なる声は、このままかき消されてしまうのか。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス