文字サイズ

具志堅会長&比嘉が謝罪文書 体重超過の比嘉「プロとしてとても恥ずかしい」

 ロサレスに敗れ下を向く比嘉大吾(左)と具志堅会長=15日、横浜アリーナ
1枚拡大

 15日に横浜アリーナで開催されたボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチにおいて、体重超過で計量をクリアできず王座を剥奪された前同級王者の比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=と所属ジムの具志堅用高会長(62)が16日、ジムの公式サイトに謝罪コメントを掲載した。

 具志堅会長は「この度のWBC世界フライ級タイトルマッチ比嘉大吾(白井・具志堅)対クリストファー・ロサレス(ニカラグア)におきまして、比嘉が規定体重に至らず、正式なタイトルマッチとして行うことが出来なかった事を深くお詫び申し上げます」と冒頭に謝罪。続いて対戦相手、関係者、ファンにも謝罪を重ねた。

 「2月の試合が1ラウンドで終了しダメージもなかったことから、今回の試合の出場を決定しました。結果的にこのような事態を招いた全責任は会長である私にあります」と短期間で試合を組んだ経緯を説明し、計量失格という失態の責任を背負った。

 最後に「ボクシング界に与えてしまった影響を厳粛に受け止め、JBCの処分を待ちたいと思います。多大なるご迷惑をおかけしましたこと、改めて心よりお詫び申し上げます」と日本ボクシングコミッション(JBC)の処分を受け入れる方針だ。

 体重超過で王座を剥奪され、コンディションの整わないまま臨んだ試合では9回TKOで敗れた比嘉は試合後、心身ともにダメージが深く取材に応じることができなかった。一日が経過し、「4月15日のタイトルマッチで体重調整が上手くいかず、計量をクリアできませんでした。対戦相手のロサレス選手はもちろん、この試合に携わって下さったすべての皆様、ファンの方々に心からお詫び申し上げます」と文書で謝罪した。

 「試合をするための大前提である、体重を作るという事が出来なかったのはプロとしてとても恥ずかしいことです。今回このような結果になってしまった事を深く反省しています」と悔やんだ。

 今後については「今は体調回復に努め、今後の事はJBCの処分に従います。本当に申し訳ございませんでした」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス